メカトロニクスのSUNTEX

History

沿革

創業者・齊藤 英雄より脈々と続く、当社のDNA。
その一つは、「誠心誠意」です。
相手と向き合い、地域を想い、
成長と学びを続ける。
そんな私たちの歩みを、ここではご紹介します。

1965

齊藤 英雄(現会長)が機械工具販売「三起商会」を創業

POINT

創業時の三起商会

「三起」という名は「まずは、地域社会である川越のために何かやりたい。次に、取引先や社員を豊かにしたい。最後に、自らが幸せになりたい。この“三つ”を果たすために、会社を“起こそう”」という齊藤 英雄の想いが込められている。

1967

個人商店から「株式会社三起商会」に法人化
齊藤 英雄が初代代表取締役に就任

1970

「省力技研」を設立

POINT

省力技研の工場

製造業へ本格参入するべく設立された省力技研は、規模・設備ともに一級品だったが、技術者の不足のため1972年に土地・工場をすべて売却。しかしながら、この際に相談を持ちかけた、足利銀行 川越支店の柳田次長(のちに足利銀行頭取)から頂いた「技術を持った流通商社になるのが一番ですよ」という言葉が、現在へ至るヒントとなる。

1973

「株式会社三雄」に社名変更
オムロン株式会社と代理店契約締結

POINT

新社屋落成記念の様子

オムロンの代理店になった当時、齊藤 英雄は創業者である立石 一真さんに呼ばれ、京都まで赴いたことがある。その場で立石氏から頂いた「最も人を幸せにする人が、最も幸せになれる。人を幸せにする心を持っていれば、必ず、自分に返ってくる」という言葉が、サンテックスの理念に影響を与えた。

1977

SMC株式会社と代理店契約締結

1984

自動倉庫導入

POINT

自動倉庫の建設

コンピュータによる管理体制や、番号を打てば部品が見つかる自動倉庫をいち早く導入したこの取り組みは、当時の問屋町卸団地内でも極めて珍しいものだった。

1988

「株式会社サンテックス」に社名変更
新社屋完成
受発注システム(IBM AS/400)導入
全国20社からなるオムロン株式会社の特約代理店に選出

POINT

新社屋の情景

オムロン株式会社 時田 取締役 営業事業部長(当時)によると、サンテックスが選出された理由は、第一に齊藤社長が自社の財務状況を正確に把握していた点。そして、地元に根付き、守ろうとする姿勢を感じた点。最後に、機械系に強いSMC株式会社とも代理店契約を結んでいるという、メカトロニクスの強さ、成長性に期待したという。

1993

齊藤 英雄が協同組合川越バンテアン
(旧称・協同組合埼玉中央卸売団地)理事長に就任

POINT

実行委員長の齋藤

毎月第2水曜日の「全社一斉清掃デー」の実施や、多数の補助金の申請、新業態開発事業などのビジネス開発、国内先進団地、先進企業や多くの海外企業の視察など様々な取り組みを推進した。

2004

埼玉南営業所開設(川口市)

2005

齊藤 英雄が川越商工会議所 会頭に就任

POINT

川越まつりにて

株式会社まちづくり川越、「くらり」の建設や青年部の設立、「小江戸川越マラソン」の開催、川越商工会議所女性会の発足など、様々な活動に尽力した。その他、全国卸商業団地副会長、全国卸商業団地企業年金理事長で活躍した。

2007

齊藤 英雄が会長に、齊藤 英一郎が代表取締役社長に就任

POINT

齋藤英一郎(現社長)

齊藤 英一郎(現社長)は、早稲田大学を卒業後、オムロンで3年間勤め、1997年にサンテックスへ入社、その10年後に社長へ就任した。

2010

伊佐沼工房 オープン

POINT

伊佐沼工房の情景

「川越を彫刻のまちへ」を合言葉に始まった伊佐沼工房は、1977年に齊藤 英雄らが企画した「川越野外彫刻シンポジウム」がきっかけとなっている。このシンポジウムに参加していた、彫刻家・田中 毅先生と川越バンテアンが中心となり、彫刻家が作品を作り産地直売もおこなう施設「伊勢沼工房」がオープン。NPO法人として運営することになり、齊藤 英雄が初代理事長に就任した。

2011

北関東営業所開設(熊谷市)

2012

聴雪庵 完成

POINT

聴雪庵の情景

「生まれ育ち、起業をした川越に恩返しをしたい」「一期一会のもてなしに心を込めたい」という庵主・齊藤 英雄の想いが詰まった、茶室・聴雪庵。200坪の敷地内に72坪の建物が広がり、庭には滝から流れ落ちる水が清流となって樹間をせせらぐ。設計にあたっては、京都伝統建築技術協会 理事長であり京都工芸繊維大学 名誉教授の中村昌生先生が監修して下さった。

2015

創業50周年を迎える
創業50周年記念展示会・パーティを開催

2019

本社業務スペースおよびラボスペースを改装

POINT

社内風景

改装に際しては、現社長・齊藤 英一郎の構想のもと、ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど明度の低いアイテムや、レンガや木、コンクリート、スチールなどマテリアルの質感を大切にした「ブルックリンスタイル」で統一。デザイン性と落ち着き、そして居心地の良さのバランスがとれた空間に生まれ変わった。